●STUDIO歯ART(スタジオハート)●●STUDIO歯ART(スタジオハート)●

STUDIO歯ARTについて

ABOUT

01

専任の技工士が
最後まで一貫対応

補綴物の製作は担当の専門技工士が最初から最後まで専任で行いますので、品質のばらつきがありません。

02

最新の
高品質マテリアル

「VICERA」「e.max」「Pekkton」など最新のマテリアルを使用し多種のインプラントを製作しています。審美性はもちろんのこと、強度や生体親和性の面でも高クオリティ―の製品をご提供いたします。

03

IOS画像で
モデルレス製作

IOS(口腔内カメラ)データ共有によるモデルレス製作を実現。歯科医院における業務効率の向上にも貢献いたします。

 

STUDIO歯ART(スタジオハート)は、どうすれば口腔機能を回復し患者様に喜ばれる技工物が製作できるか、日々技術の向上に努め、陰ながら患者様の健康で豊かな生活を守れればと考えております。

スキャン・設計はSTUDIO歯ART(スタジオハート)で行い、ミリングはアウトソーシングしています。

ミリングに関しては、少人数のラボなので作業効率を上げるためと加工機の維持管理を考え、高精度ラボ、CADCAMセンターにお世話になっております。

IOS対応し、精度の高いモデルレス製作を進めていきます。

 
ジルコニア

e.max

患者様の審美に対する関心も高まり、強度や審美性・生体親和性にも優れたオールセラミックの需要は増加傾向にあります。STUDIO歯ARTでは、より自然な色が再現可能な高品質のジルコニア「VICERA」(Dental Direkt/大信貿易)「e.max」(Ivoclar Vivadent)で製作し先生方からも評価をいただいております。

インプラント
ペクトン

インプラントは「第二の永久歯」と言われ、インプラント治療を選択される方が多く、機能性・審美性を追求し、インプラント技工の重要性を考えています。また、軽量かつ強度で金属アレルギーを起こさない、自然な噛み心地を提供できるマテリアルとしてペクトンの使用をお勧めしております。

IOS
(口腔内スキャナー)

IOS(口腔内スキャナーは)によるデジタル印象は、チェアータイムの短縮により患者のストレスや術者の負担の軽減され、これまでの歯科治療の概念を大きく変化させます。デジタルと従来の技工技術と融合し、精度が良く安定した補綴物を丁寧に製作しています。