●STUDIO歯ART(スタジオハート)●●STUDIO歯ART(スタジオハート)●

ZIRCONIA・e.max

ジルコニア・e.max

ZIRCONIA

CAD/CAMシステムの急速な技術進歩により、各社から透過性に優れたジルコニア材が発売されており、患者様の審美に対する関心も高まり、強度や審美性・生体親和性にも優れたオールセラミックの需要は増加傾向にあります。

STUDIO歯ARTでは、ケースごとにジルコニアとe.max(プレス)を使い分け、インレーからフルマウスまで対応し、先生方・患者様に喜んでいただける技工物製作をおこなっています。

ジルコニア

技工操作でも、今はモノリシックジルコニア(下記)として半焼結状態で着色加工することで最終シェードに近い状態にでき、患者様の満足度が向上すると考えています。

ジルコニアを使うと対合歯が摩耗するといったリスクがあるとよくいわれてきましたが、対合歯を摩耗させる要因としては、硬さより表面の粗さのためなので咬合調整後、しっかり研磨して滑沢にすれば対合歯の摩耗は防げます。

e.max

現在STUDIO歯ART(スタジオハート)では、e.maxの場合、適合の精度・曲げ強度400Mpaを考えプレス・インゴットのみを使用しています。

また天然歯に近い摩耗性のため、天然歯に優しい素材です。透明感・ツヤ感に優れ、自然で美しいです。

これからのデジタルデンティストリーに必要なジルコニアマテリアル

ジルコニアは補綴物の主流となりましたが、ジルコニアであればどれも同じということはなく、曲げ強度が同じでも、クラックの発生頻度や経年劣化のリスク、収縮後の変形度合いも異なります。

 

STUDIO歯ARTでは、より自然な色が再現可能な高品質のジルコニア「VICERA」を使用しており、歯科医院の先生方からも高い評価をいただいております。

大信貿易株式会社ホームページ大信貿易株式会社ホームページ

モノリシックジルコニア

モノリシックジルコニアは最新のジルコニアとして知られており、半焼結ジルコニアにステイン着色を施し、シンタリングファーネス(Zircom)で焼結、焼成後に表面ステインを施すという工程(ステイン仕上げ)で仕上げていきます。

半焼結シルコニアに着色することで、これまでのジルコニアよりも自然な色調再現が可能です。

ジルコニアレイヤリング

オールセラミッククラウンの内側に、ジルコニアフレームを使用し、フレームにセラミック陶材を盛った補綴物です。

e.max

e.maxは、Ivoclarvivadent社が開発したセラミック材料で歯の性質によく似ていて色調も天然歯によく合い審美性に優れています。支台歯との適合、また接着力も良く、2次カリエスになりにくいのも特徴です。

e.maxには、e.max プレスタイプとe.maxCADタイプがあり、プレスタイプの方が適合・強度に優れているため、STUDIO歯ART(スタジオハート)ではプレスタイプを使用しています。天然歯に近い摩耗性のため、対合歯にもやさしい(咬合面の研磨は滑沢!)素材であります。

適合ケースとして前歯部、生活歯の支台歯、インレー、オンレー、小臼歯・大臼歯に使用します。ケースバイケースでジルコニアと使い分けています。

VARIATION

オールセラミックの選択基準

GALLERY

ギャラリー